キッチンカーの開業に失敗する原因と対策を解説 | 開業支援の相談なら「開業支援ガイド」

飲食(飲食店・外食・デリバリー)

キッチンカーの開業に失敗する原因と対策を解説

キッチンカーに限らず、飲食店は廃業率の高い業種です。キッチンカーは固定店舗よりも初期投資が抑えられ、開業しやすい傾向にありますが、いくつかの要因により開業が失敗に終わってしまう場合も想定されます。

 キッチンカーを開業予定の人は、キッチンカーの開業に失敗する原因と対策を確認してみてください。開業前に原因と対策を確認することにより、開業後に失敗するリスクを減らせる可能性があるため、キッチンカーの開業に失敗したくない人は原因と対策を押さえておきましょう。

 失敗する原因を考えてみる

キッチンカーの開業に失敗したくない人は、まずは開業に失敗する原因を考えてみましょう。失敗する原因を想定することにより、開業後に失敗してしまうリスクを減らせる可能性があるため、まずはキッチンカーの開業に失敗する原因を考えてみましょう。

 【キッチンカーの開業に失敗する原因】

  • メニューに課題があった
  • 出店場所に課題があった

 キッチンカーの開業に失敗する原因として「メニュー」「出店場所」に課題があったことが挙げられます。個々の状況によって失敗する原因は他にも考えられますが、キッチンカーの開業に失敗したくない人はまずはそれぞれの課題を確認してみましょう。

 メニューに課題があった

キッチンカーの開業に失敗する原因のひとつとして「メニューに課題があったこと」が挙げられます。メニューに課題がある場合、売上や利益の増加につながらない傾向があるため、キッチンカーの開業に失敗したくない人はメニューの課題を確認してみてください。

 【提供メニューに課題がある例】

課題 具体例
メニューが出店場所に合っていない
  • 出店場所に来る顧客のニーズを把握していない
  • 競合や周辺施設の状況を把握していない
メニューの利益率が低い
  • 客単価が低いメニューを提供している
  • 原価率が高いメニューを提供している

 提供メニューに課題がある例として「メニューが出店場所に合っていない」点が挙げられます。「出店場所に来る顧客のニーズ」「競合や周辺施設の状況」を把握していない場合、提供メニューによっては購買ニーズを満たせず、売上につながらない可能性があります。

 提供メニューに課題がある例として「メニューの利益率が低い」点が挙げられます。「客単価が低いメニュー」「原価率が低いメニュー」を提供している場合、売上に対して手元に残る利益が少なくなる可能性があります。

 なお、出店場所によっては提供メニューを理由に出店を断られる場合があります。他のキッチンカーや施設内の飲食店とメニューの重複を避けるため、出店場所によっては提供メニューを理由に出店を断られる可能性があることを留意しておきましょう。

 出店場所に課題があった

キッチンカーの開業に失敗する要因のひとつとして「出店場所に課題があった」ことが挙げられます。出店場所に課題がある場合は安定した経営につながらない可能性があるため、キッチンカーの開業に失敗したくない人は出店場所の課題を確認してみてください。

 【出店場所に課題がある例】

課題 具体例
出店に関する契約内容に問題がある
  • 出店料が売上に対して高い
  • 仲介料が売上に対して高い
定期的な出店場所がない
  • イベント出店に依存している
  • 出店場所を開拓していない

 出店場所に課題がある例として「出店に関する契約内容に問題がある」点が挙げられます。「売上に対して出店料が高い」「仲介業者への仲介料の負担が重い」など、契約内容に問題がある場合、資金繰りの悪化により、安定した営業が続けられない可能性があります。

 出店場所に課題がある例として「定期的な出店場所がない」点が挙げられます。「単発イベントしか出店現場がない」「出店場所を開拓する時間が取れない」など、出店場所が限定されている場合、出店計画が立てにくく、安定した売上が確保できない可能性があります。

 なお、出店場所を確保するときは補償内容についても確認するようにしましょう。「イベントが中止になった」「施設の改装工事を行う」など、外部要因により営業できない場合を想定し、出店場所の管理者と補償の有無や補償範囲を確認するようにしましょう。

原因を押さえた人は失敗しないための対策を考える

キッチンカーの開業に失敗する原因を押さえた人は、失敗しないための対策を考えてみてください。対策を講じることにより、開業後の失敗を防げる可能性があるため、キッチンカーの開業に失敗したくない人は失敗しないための対策を検討してみましょう。

 【失敗しないための対策の例】

  • 出店場所の特性を調査する
  • 臨機応変な対応をする
  • 利益率を高める工夫をする

 失敗しないための対策として「出店場所の特性を調査する」「臨機応変な対応をする」「利益率を高める工夫をする」ことが挙げられます。対策を押さえておかなければ、開業後の経営に失敗するおそれがあるため、キッチンカーを開業に失敗したくない人はそれぞれの項目を確認してみましょう。

 出店場所の特性を調査する

失敗しないための対策のひとつは「出店場所の特性を調査する」ことです。出店場所によって購買ニーズが異なるため、キッチンカーの出店場所を決めるときは出店場所の購買ニーズを自身が提供するメニューが満たせるかどうかを調査することになります。

 【出店場所ごとの購買ニーズ例】

出店場所 ターゲット層 購買ニーズ
オフィス街 会社員
  • ランチ
  • ドリンク
集客施設 施設への来場者
  • 軽食
  • ドリンク
イベント会場 イベントへの来場者
  • 食べ歩き
  • ドリンク
住宅街 近隣住民
  • 夕食の一品
  • 軽食

出店場所の特性を調査するときのポイントは「顧客像を具体化すること」です。「性別」「年齢」「利用シーン」など、出店場所ごとに顧客像を具体的に想像することにより、自身のキッチンカーの商品が出店場所の購買ニーズを満たせるかどうかを判断できる可能性があります。

出店場所の特性を調査するときのポイントは「競合や周辺状況も把握すること」です。「競合のキッチンカーは弁当を提供している」「周辺にパン屋がない」など、競合や周辺状況を把握することにより、意外な購買ニーズを発見できる可能性があります。

なお、出店場所の特性は変わる可能性があります。周辺環境が変化することにより、購買ニーズも変化する可能性があるため、キッチンカーの開業に失敗したくない人は、常にさまざまな出店場所の特性を調査する意識を持つようにしましょう。

 臨機応変な対応をする

失敗しないための対策のひとつは「臨機応変な対応をする」ことです。キッチンカーは出店場所や天候など、固定店舗と比較すると売上を左右する外的要因が多い傾向にあるため、状況に応じた対応をすることにより、売上の増加や顧客満足度の向上につながる可能性があります。

 【臨機応変な対応の例】

項目 具体例
出店場所に合わせた宣伝
  • 住宅街に出店するときは大通りから案内表示する
  • イベント会場に出店するときは遠くからでも目立つ外装にする
顧客層に合わせた提供方法
  • ファミリー層が多い日は子供用の容器を提供する
  • 会社員が多い日はメニューを限定し提供スピードを上げる

たとえば、出店場所に合わせた宣伝を意識することにより、売上を増加させられる可能性があります。「案内表示」「目立つ外装」など、出店場所ごとに顧客の視線を誘導する動線づくりを意識することにより、売上の増加につながる可能性があります。

また、提供方法を顧客層に合わせて変えることにより、顧客満足度を向上させられる可能性があります。「子供連れには容器を変える」「会社員には提供スピードを早くする」など、顧客が重要視するサービスを意識することにより、顧客満足度の向上につながる可能性があります。

なお、季節や天候への対応策も考えておくようにしましょう。「暑い日に売れるメニュー」「雨の日に売れるメニュー」を用意しておくことにより、季節変動による売上の増減を減らせる可能性があるため、季節変動への対応策も検討してみてください。

 利益率を高める工夫をする

失敗しないための対策のひとつは「利益率を高める工夫をする」ことです。キッチンカーはランチの需要や軽食の需要に応える商品が多い関係上、客単価が低くなる傾向があるため、利益率を高める工夫をすることにより、キッチンカーの経営の安定化につながる可能性があります。

 【利益率を高める工夫の例】

項目 具体例
オペレーションの簡略化
  • 提供メニューを限定する
  • 顧客が並んでいる間に注文表を記入してもらう
出店料を抑える
  • 仲介業者を通さない出店場所を確保する
  • 出店料の値下げ交渉をする

利益率を高める工夫として「オペレーションの簡略化」が挙げられます。調理工程の見直しや注文の取り方など、提供スピードをあげる工夫をすることにより、回転率が増加して利益率が高くなる可能性があります。

利益率を高める工夫として「出店料を抑える」ことが挙げられます。「仲介業者を利用せず出店場所を確保する」「出店料の値下げ交渉をする」など、出店料を抑える努力を行うことにより、経費が抑えられて利益率が高くなる可能性があります。

なお、利益率を高める方法は他にも考えられます。「原価率を抑える」「燃費の良い車を購入する」など、利益率を高める方法は他にも挙げられるため、キッチンカーの開業に失敗したくない人は利益率を高めるために実践できることを検討してみましょう。

 安全にかかわる失敗は防止策を徹底する

キッチンカーの開業において、安全に関わる失敗は起こさないように防止策を徹底しましょう。安全に関わる失敗を起こすと、お店の評判が下がるだけでなく、損害賠償の発生や命の危険につながるおそれがあるため、開業前に防止策を徹底する必要があります。

 【防止策を徹底する例】

項目 具体例
食中毒の発生
  • 厨房内は毎日清掃と消毒を行う
  • 余った食材は常温保存しない
  • 作り置きした食品は適切に保存する
ガスによる事故
  • ガスが漏れないよう営業前に接続部分を点検する
  • 火気から2mは離れた場所で保管する
  • 消火器を設置し、取り扱いを確認する

 安全に関わる失敗のひとつは「食中毒の発生」です。キッチンカーは強い火力設備や高性能な冷蔵庫を設置できない傾向がある関係上、食中毒を防止するためには「厨房内の清掃と消毒」「食材の適切な保存」を徹底する必要があります。

 安全に関わる失敗のひとつは「ガスによる事故」です。キッチンカーはプロパンガスを使用する傾向があるため、ガス漏れや機器の破損による事故を防ぐためには「営業前の点検」「適切な保管」「消火器の設置」を徹底する必要があります。

 なお、発電機を使用する場合は騒音トラブルにも注意します。住宅街や屋内のイベントに出店するときは騒音への苦情が入る可能性があるため、発電機を使用する場合は「防音ボックスを使用する」「ポータブル電源を使用する」などの対策も検討してみましょう。

 まとめ

キッチンカーの開業に失敗する原因のひとつとして「メニュー」「出店場所」などに課題があったことが挙げられます。個々の状況によって失敗する原因は他にも考えられますが、キッチンカーの開業に失敗したくない人は失敗につながる経営課題を押さえておきましょう。

また、キッチンカーの開業に失敗する原因を押さえた人は、失敗しないための対策を考えてみてください。「出店場所の特性を調査する」「臨機応変な対応をする」「利益率を高める工夫をする」などの対策を講じることにより、開業後の失敗を防げる可能性があります。

なお、キッチンカーの開業において、安全に関わる失敗は起こさないように防止策を徹底してください。食中毒や火災など、安全に関わる失敗は命の危険につながるおそれがあるため、キッチンカーを開業する人は防止策を徹底するようにしましょう。

関連記事

飲食(飲食店・外食・デリバリー)

キッチンカーでクレープ屋を開業するための準備

この記事の監修者

田原 広一(たはら こういち)

株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者

田原 広一(たはら こういち)

平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計6,000件以上(2023年2月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

この記事をシェアする

開業に関するお悩みサポートします!

  • 資金調達と財務計画を立てることが難しい
  • どうやって効果的に顧客を獲得するかが分からない
  • 法的な手続きや規制が必要であり、それらに対するリテラシーがない
  • 開業に必要な特定のスキルや知識が不足していると感じる

開業支援ガイドを運営する株式会社SoLabo(ソラボ)は、
事業用融資の資金調達をはじめ、創業者支援をメインとする会社です。
私たちが確かなサポートと専門知識で、あなたの開業をサポートいたします。

まずは資料ダウンロード!

資料ダウンロード

開業に関するご相談はこちら

無料相談

資料ダウンロード

資料ダウンロード

無料相談

無料相談