美容室の開業における備品を揃えるときの手順を解説 | 開業支援の相談なら「開業支援ガイド」

美容(美容院・ネイル・エステ・フィットネス)

美容室の開業における備品を揃えるときの手順を解説

美容室を開業予定の人の中には、揃える備品を確認したい人もいますよね。また、備品を揃えるときの手順や方法を知りたい人もいるでしょう。

当記事では、美容室の開業における備品を揃えるときの手順を解説します。一覧表として活用できる備品のチェックリストも紹介するため、美容室の開業準備を進めている人は参考にしてみてください。

まずは備品を揃えるときの手順を確認しておく

まずは備品を揃えるときの手順を確認しておきましょう。美容室の備品は多岐にわたるため、手順に沿いながら計画的に進めなければ、備品の抜け漏れや重複が発生することも考えられるからです。

【備品を揃えるときの手順】

  1. 必要になる備品を書き出す
  2. 書き出した備品を分類する
  3. 備品の個数を計算する
  4. 備品の優先順位を決める

備品を揃えるときはいくつかの工程に分けることにより、計画的に進めることができます。各工程が前後したり並行したりすることもありますが、まずはそれぞれの工程の作業内容を確認してみましょう。

①必要になる備品を書き出す

備品を揃えるときは最初の工程として必要な備品をすべて書き出してみましょう。美容室の備品は多岐にわたるため、まずは思いつく限りの備品を書き出すことにより、備品の抜け漏れを減らせるからです。

【必要になる備品を書き出す】

シザー コーム タオル
クロス シャンプー 施術用手袋
ドライヤー 傘立て 時計
ゴミ箱 パソコン 雨天用マット
ほうき 掃除機 冷蔵庫

備品を書き出すときのポイントは開店前から閉店後までの流れを想像することです。「開店前」「施術中」「閉店後」など、時系列に沿いながら想像することにより、美容室を開業するために必要な備品が見えてくる可能性があります。

備備品を書き出すときのもうひとつのポイントは過去の経験から思い出すことです。「専門学校」や「実店舗」など、過去の経験から思い出すことにより、美容室を開業するために必要な備品が見えてくる可能性があります。

なお、気づいたことや思ったことがあれば、それらの情報をメモに残すことも考えてみてください。気になるメーカーや入手したい商品など、気づいたことや思ったことがある人はそれらの情報をメモに残すことも検討してみましょう。

②書き出した備品を分類する

必要な備品をすべて書き出した後は次の工程として書き出した備品を分類してみましょう。書き出した備品を分類することにより、備品の重複を防ぎつつ、計画的に備品を揃えられるからです。

【書き出した備品を分類する】

項目 備品の名称
施術 シザー
施術 コーム
施術 タオル
施術 クロス
施術 ドライヤー
施術 シャンプー
施術 施術用手袋
清掃 ほうき
清掃 掃除機
清掃 ゴミ箱
インテリア 時計
バックルーム 冷蔵庫
レジカウンター パソコン
その他 傘立て
その他 雨天用マット

備品を分類するときのポイントは複数の項目を用意することです。「施術」「清掃」「インテリア」「バックルーム」「レジカウンター」など、複数の項目を用意することにより、書き出した備品の重複に気づきやすくなる可能性があります。

備品を分類するときのもうひとつのポイントは項目の軸を決めることです。「(施術や清掃などの)用途」や「(バックルームやレジカウンターなどの)場所」など、分類する項目の軸を決めることにより、備品を分類しやすくなる可能性があります。

なお、分類が難しい備品は「その他」の項目にまとめることも方法のひとつです。すべての備品が分類できるとは限らず、「その他」の項目にまとめたほうが整理しやすいこともあるため、分類が難しい備品は「その他」の項目にまとめることも検討してみましょう。

③備品の個数を計算する

備品の分類が終わった後は次の工程として備品の個数を計算してみましょう。分類した備品の個数を計算することにより、備品の個数に当たりを付けつつ、備品にかかる費用の目安を算出できるからです。

【必要な個数を試算する】

項目 備品の名称 個数 備考
施術 シザー 5
施術 コーム 5
施術 タオル 20
施術 クロス 20
施術 ドライヤー 2
施術 シャンプー 10
施術 施術用手袋 5 1袋50枚入り
清掃 ほうき 2
清掃 掃除機 2
清掃 ゴミ箱 2
インテリア 時計 1
バックルーム 冷蔵庫 1
レジカウンター パソコン 1
その他 傘立て 1
その他 雨天用マット 1

個数の見当が付かない備品は設備の台数から考えることも方法のひとつです。「スタイリングチェア」「シャンプー台」「デジタルパーマ機器」など、設備の台数から考えることにより、備品の個数に当たりを付けられる可能性があります。

また、まとめ売りが基本となる備品に関しては、その旨を備考欄に記入することも方法のひとつです。「1袋10本入り」「1箱30個入り」など、袋や箱の内容量を備考欄に記入することにより、後から確認する手間を省略できる可能性があります。

なお、備品の個数は開業後の集客状況によっても異なります。とくに、タオルやクロスなどの消耗品は個数が予想しにくいため、開業後に買い足すことを念頭に置きつつ、開業前は少なめに計算することも検討してみましょう。

④備品の優先順位を決める

備品の個数を計算した後は次の工程として備品の優先順位を決めてみましょう。計算した備品の優先順位を決めることにより、備品の重要度を把握しつつ、備品を揃えるときの流れをイメージできるからです。

【入手する優先順位を決める】

項目 備品の名称 個数 備考
施術 シザー 5 優先順位1
施術 コーム 5 優先順位1
施術 タオル 20 優先順位1
施術 クロス 20 優先順位1
施術 ドライヤー 2 優先順位1
施術 シャンプー 10 優先順位1
施術 施術用手袋 5 優先順位1 / 1袋50枚入り
清掃 ほうき 2 優先順位4
清掃 掃除機 2 優先順位4
清掃 ゴミ箱 2 優先順位4
インテリア 時計 1 優先順位6
バックルーム 冷蔵庫 1 優先順位3
レジカウンター パソコン 1 優先順位2
その他 傘立て 1 優先順位5
その他 雨天用マット 1 優先順位5

備品の優先順位を決めるときのポイントは項目別に優先順位を決めることです。「施術に関する備品は優先順位1」「清掃に関する備品は優先順位4」など、項目別に優先順位を決めることにより、備品の入手先をまとめられる可能性があります。

備品の優先順位を決めるときのもうひとつのポイントはスケジュールから優先順位を決めることです。「物件取得日」や「開業予定日」など、スケジュールから備品の優先順位を決めることにより、計画的に備品を揃えられる可能性があります。

なお、開業後でも間に合う備品は優先順位を下げることも方法のひとつです。とくに、インテリアに関する備品は揃えずとも営業できる可能性があるため、該当する備品は優先順位を下げつつ、それ以外の備品の優先順位を上げることも検討してみましょう。

次は備品の入手方法を考えてみる

備品を揃えるときの手順を確認した人は次の工程として備品の入手方法を考えてみましょう。美容室の開業における備品の入手方法は「購入する方法」と「借りる方法」の2つの選択肢が挙げられます。

【備品の入手方法の選択肢】

  • 購入する方法
  • 借りる方法

「購入する方法」と「借りる方法」には、それぞれメリットとデメリットがあります。備品を揃えるときの手順が確認できた人は、それぞれの入手方法の特徴を確認し、どちらの入手方法を選択するかを検討してみましょう。

備品を購入する

美容室を開業する目的として備品を入手する場合、選択肢のひとつとして挙げられるのは「購入する方法」です。備品を購入する場合は「新品」と「中古」に分けられるため、まずはそれぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう。

【備品を購入する場合のメリットとデメリット】

項目 メリットとデメリット
新品 <メリット>
・中古品と比較した場合は傷や汚れがない
・中古品と比較した場合は保証内容が充実している
<デメリット>
・中古品と比較した場合は金額が高い
・中古品と比較した場合は評価が見えにくい
中古品 <メリット>
・新品と比較した場合は金額が安い
・新品と比較した場合は評価が見えやすい
<デメリット>
・新品と比較した場合は傷や汚れがある
・新品と比較した場合は保証内容に限界がある

中古品と比較した場合、新品の備品を購入するメリットは「傷や汚れがない」「保証内容が充実している」といった点です。その反面、中古品と比較した場合は「金額が高い」「評価が見えにくい」といったデメリットがあります。

新品と比較した場合、中古品の備品を購入するメリットは「金額が安い」「評価が見えやすい」といった点です。その反面、新品と比較した場合は「傷や汚れがある」「保証内容に限界がある」といったデメリットがあります。

新品と中古品では、それぞれ一長一短の側面があります。その人の考え方やその時の状況にもよるため、入手方法として備品の購入を検討するときは「想定している美容室」と「考えている予算」を照らし合わせながら決めることを検討してみましょう。

購入費用を抑えたい人はまとめ買いを検討してみる

備品の購入費用を抑えたい人はまとめ買いすることを考えてみましょう。まとめ買いすることにより、ひとつひとつの備品を購入するよりも安く手に入ることがあるからです。

たとえば、まとめ買いした場合は合計商品が値引きされる可能性があります。所定の条件が設けられている傾向はありますが、購入費用を抑えたい場合は日頃から使用する備品をまとめ買いしつつ、定期購入することも選択肢のひとつです。

また、まとめ買いした場合は配送料が無料になる可能性があります。所定の条件が設けられている傾向はありますが、購入費用を抑えたい場合は日頃から使用する備品をまとめ買いしつつ、配送料の負担を減らすことも検討する余地があります。

なお、まとめ買いによる特典は購入先次第です。ショッピングサイトや専門業者など、購入先はいろいろあるため、備品の購入費用を抑えたい人はまとめ買いを検討しつつ、候補となる購入先がまとめ買いによる特典を実施しているかどうかを確認してみましょう。

備品を借りる

美容室を開業する目的として備品を入手する場合、選択肢のひとつとして挙げられるのは「借りる方法」です。借りる方法においても一長一短の側面があるため、まずは借りる方法を選択したときのメリットとデメリットを確認してみましょう。

【備品を借りる場合のメリットとデメリット】

項目 概要
メリット 購入するよりも費用を抑えられる
デメリット 購入するよりも選択肢が限られる

備品を借りるメリットは購入するよりも費用を抑えられる点です。長期間借りる場合は購入するよりも割高になる可能性はありますが、初期費用を抑えたい人や使い勝手を確認してから購入したい人は借りる方法を検討する余地があります。

備品を借りるデメリットは購入するよりも選択肢が限られる点です。必要としている備品が借りられる可能性もありますが、求めている備品が借りられるとは限らず、選択肢を広げたい人や機能性を重視する人は借りる方法以外を検討する余地があります。

購入する方法と同様、借りる方法にも一長一短の側面があります。メリットとデメリットが存在するため、備品を借りることを検討するときは「想定している美容室」と「考えている予算」を照らし合わせながら決めることを検討してみましょう。

借りられる備品は限られる

必要としている備品が借りられるとは限らず、レンタルサービスに対応していない備品もあります。備品を借りることを検討するときは、借りられない備品があることを念頭に置いておきましょう。

レンタルサービスに対応している備品として挙げられるのは、コーヒーメーカーやウォーターサーバーなどの電化製品です。その他には、イスやテーブルなどの家具に加え、絵画や観葉植物などのインテリアもレンタルサービスがあります。

一方、カラー剤やパーマ剤などの消耗品は購入するしかありません。タオルやおしぼりなどの備品はレンタルサービスが存在しますが、カラー剤やパーマ剤などの消耗品は購入することになるため、その前提を踏まえながら各種備品を用意することになります。

必要としている備品が借りられるとは限らず、レンタルサービスに対応していない備品もあります。すべての備品がレンタルできるとは限らないため、レンタルできない備品はショッピングサイトや専門業者から購入することを検討してみましょう。

一覧表として活用できる備品のチェックリスト

今回は一覧表として活用できる備品のチェックリストを用意しました。美容室を開業する目的として備品の一覧表やチェックリストを探していた人は参考にしてみてください。

【一覧表として活用できる備品のチェックリスト】

項目 品名 品番 個数 単価 価格 備考
施術 シザー
施術 コーム
施術 ブラシ
施術 ダッカール
施術 スプレイヤー
施術 ヘアピン
施術 バリカン
施術 シザーケース
施術 パーマ用ロッド
施術 ロッド用スティック
施術 ロッド用ゴム
施術 ロッド用ペーパー
施術 ロッドケース
施術 カラー剤
施術 パーマ剤
施術 アプリケーター
施術 ヘアダイカップ
施術 カラー剤塗布用の刷毛
施術 シャンプー
施術 トリートメント
施術 コンディショナー
施術 ヘアワックス
施術 ヘアオイル
施術 ヘアスプレー
施術 パーマ促進器
施術 ヘアアイロン
施術 ドライヤー
施術 タイマー
施術 はかり
施術 シャンプークロス
施術 カットクロス
施術 施術用手袋
施術 保護クリーム
施術 イヤーカバー
施術 アルミホイル
施術 ラップ
施術 コットン
施術 レベルスケール
施術 タオル
施術 目隠し用の布
施術 ヘッドスパ用オイル
施術 施術用スツール
施術 備品用ワゴン
施術 タオル用スチーマー
施術 手鏡
施術 髪をはらうブラシ
接客 雑誌
接客 雑誌用タブレット
接客 グラス
接客 ドリンク
接客 お茶菓子
接客 おぼん
接客 おしぼり
接客 ブランケット
接客 クッション
接客 眼鏡を置くケース
接客 ティッシュボックス
清掃 ちりとり
清掃 ほうき
清掃 掃除機
清掃 雑巾
清掃 除菌シート
清掃 ゴミ箱
清掃 ゴミ袋
清掃 フロア用洗剤
清掃 トイレ用洗剤
清掃 洗濯用洗剤
清掃 食器用洗剤
清掃 スポンジ
消毒 紫外線消毒器
消毒 エタノール
消毒 メスシリンダー
消毒 乾燥用容器
消毒 消毒済み道具の容器
消毒 未消毒道具の容器
消毒 手の消毒用アルコール
インテリア ソファ
インテリア テーブル
インテリア カーテン
インテリア 照明
インテリア 傘立て
インテリア 雨天用マット
インテリア 時計
インテリア 観葉植物
インテリア 花瓶
インテリア 絵画
インテリア アロマディフューザー
インテリア オーナメント
インテリア マガジンラック
インテリア 看板
バックルーム 冷蔵庫
バックルーム 電子レンジ
バックルーム 電気ポット
バックルーム コーヒーメーカー
バックルーム ウォーターサーバー
バックルーム 洗濯機
バックルーム 物干し
バックルーム 救急箱
バックルーム 絆創膏
バックルーム 傷薬
レジカウンター レジ
レジカウンター 釣銭トレー
レジカウンター 電話
レジカウンター メモ帳
レジカウンター ボールペン
レジカウンター ショップカード
レジカウンター ハンガー
レジカウンター ハンガーラック
お手洗い トイレットペーパー
お手洗い ハンドソープ
お手洗い ペーパータオル
お手洗い 綿棒
お手洗い 油とり紙
お手洗い サニタリーボックス
お手洗い 消臭剤
その他 テレビ
その他 パソコン
その他 オーディオ
その他 加湿器
その他 空気清浄機

独自のチェックリストを作成する場合は「品名」「品番」「個数」「単価」「価格」「備考」などの項目を入れ込むことを考えてみてください。また、カラー剤やパーマ用ロッドなど、複数の種類を揃える備品は備考欄にその旨を追記することを検討してみましょう。

まとめ

備品を揃えるときのポイントはひとつひとつの工程を計画的に進めることです。美容室における備品は多岐にわたるため、手順に沿いながら計画的に進めなければ、抜け漏れや重複が発生し、時間と資金を無駄にしてしまうことも考えられます。

美容室の開業における備品の入手方法は「購入する方法」と「借りる方法」が挙げられます。いずれも一長一短の側面があるため、入手方法を決めるときは「想定している美容室」と「考えている予算」を照らし合わせながら決めることを検討してみてください。

なお、今回は一覧表として活用できる備品のチェックリストを紹介しましたが、必要となる備品は他にも考えられます。独自のチェックリストを作成する場合は「品名」「品番」「個数」「単価」「価格」「備考」などの項目を入れ込むことを検討してみましょう。

関連記事

美容(美容院・ネイル・エステ・フィットネス)

美容室の開業資金はいくら?平均と内訳を解説

この記事の監修者

田原 広一(たはら こういち)

株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者

田原 広一(たはら こういち)

平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計6,000件以上(2023年2月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

この記事をシェアする

開業に関するお悩みサポートします!

  • 資金調達と財務計画を立てることが難しい
  • どうやって効果的に顧客を獲得するかが分からない
  • 法的な手続きや規制が必要であり、それらに対するリテラシーがない
  • 開業に必要な特定のスキルや知識が不足していると感じる

開業支援ガイドを運営する株式会社SoLabo(ソラボ)は、
事業用融資の資金調達をはじめ、創業者支援をメインとする会社です。
私たちが確かなサポートと専門知識で、あなたの開業をサポートいたします。

まずは資料ダウンロード!

資料ダウンロード

開業に関するご相談はこちら

無料相談

資料ダウンロード

資料ダウンロード

無料相談

無料相談