ラーメン屋の開業における備品を揃えるときの流れを解説 | 開業支援の相談なら「開業支援ガイド」

飲食(飲食店・外食・デリバリー)

ラーメン屋の開業における備品を揃えるときの流れを解説

ラーメン屋を開業予定の人の中には、備品を揃えるときの流れが知りたい人もいますよね。また、備品のチェックリストが知りたい人もいるでしょう。

当記事では、ラーメン屋の開業における備品を揃えるときの流れを解説します。備品のチェックリストも用意しているため、ラーメン屋の備品に関する情報が知りたい人は参考にしてみてください。

まずは備品を揃えるときの流れを確認する

ラーメン屋の備品は多岐にわたるため、ひとつひとつの工程を計画的に進めなければ、備品の抜け漏れや重複が発生することも考えられます。ラーメン屋の備品に関する情報を調査している人は、まずは備品を揃えるときの流れを確認してみましょう。

【備品を揃えるときの流れ】

  1. 思いつく限りの備品を書き出す
  2. 書き出した備品を分類する
  3. 備品の数量を計算する
  4. 備品の優先順位を決める

いくつかの工程に分けることにより、計画的に備品を揃えることができます。各工程が前後することや並行することもありますが、ラーメン屋を開業予定の人は備品を揃えるときの流れを確認してみましょう。

①思いつく限りの備品を書き出す

ラーメン屋の備品を揃えるときは、最初の工程として思いつく限りの備品を書き出してみましょう。思いつく限りの備品を書き出すことにより、備品の全体像をイメージしつつ、必要な備品が見えてくるため、備品の抜け漏れを最小限に抑えることができます。

【思いつく限りの備品を書き出す】

寸胴鍋 電卓 パソコン
爪楊枝 ゴミ箱 看板
振りザル レジスター ユニフォーム
紙ナプキン 手洗い洗剤 のれん
時計 雨天用マット 照明
タイマー レシートロール 貴重品ロッカー
ハンガー トイレットペーパー ポスター
傘立て マガジンラック サンプルケース

備品を書き出すときのポイントは、開業後のラーメン屋を想像することです。調理している姿や接客している姿など、開業後のラーメン屋を思い浮かべることにより、備品の抜け漏れを最小限に抑えられる可能性があります。

備品を書き出すときのもうひとつのポイントは、最寄りのラーメン屋に行ってみることです。有名店や人気店など、現地調査として最寄りのラーメン屋に出向くことにより、備品の抜け漏れを最小限に抑えられる可能性があります。

なお、備品の抜け漏れに不安がある人は実際に料理してみることも方法のひとつです。実際に料理してみることにより、必要な備品を発見できることもあるため、備品の抜け漏れに不安がある人は実際に料理してみることも検討してみましょう。

②書き出した備品を分類する

思いつく限りの備品を書き出した後は、次の工程として書き出した備品を分類してみましょう。書き出した備品を分類することにより、備品の重複を防ぎつつ、それぞれの備品を見比べることができるため、各備品を比較検討しやすくなります。

【書き出した備品を分類する】

項目 名称
厨房 寸胴鍋
振りザル
タイマー
客席 爪楊枝
紙ナプキン
ハンガー
レジ回り 電卓
レジスター
レシートロール
お手洗い ゴミ箱
手洗い洗剤
トイレットペーパー
バックヤード パソコン
ユニフォーム
貴重品ロッカー
宣伝 看板
のれん
ポスター
インテリア 時計
照明
マガジンラック
その他 傘立て
雨天用マット
サンプルケース

備品を分類するときのポイントは、エリアごとに備品を分類することです。「厨房」「客席」「レジ回り」「お手洗い」「バックヤード」など、エリアごとに備品を分類することにより、各備品を比較検討しやすくなります。

備品を分類するときのもうひとつのポイントは、用途ごとに備品を分類することです。「調理」「接客」「宣伝」「インテリア」など、用途ごとに備品を分類することにより、各備品を比較検討しやすくなります。

なお、分類が難しい備品は「その他」にまとめることも方法のひとつです。すべての備品が分類できるとは限らず、「その他」にまとめることにより、各備品を比較検討しやすくなることもあるため、分類が難しい備品は「その他」にまとめることも検討してみましょう。

③備品の数量を計算する

書き出した備品を分類した後は、次の工程として備品の数量を計算してみましょう。分類した備品の数量を計算することにより、それぞれの備品の個数を把握しつつ、備品の個数から金額の目安を図れるため、備品にかかる費用を算出するときに役立ちます。

【備品の数量を計算する】

項目 名称 数量 備考
厨房 寸胴鍋 2
振りザル 3
タイマー 3
客席 爪楊枝 6 1セット(300本)
紙ナプキン 3 1セット(100枚)
ハンガー 4 1セット(5本)
レジ回り 電卓 1
レジスター 1
レシートロール 1 1パック(5巻)
お手洗い ゴミ箱 2
手洗い洗剤 2
トイレットペーパー 2 1パック(8巻)
バックヤード パソコン 1
ユニフォーム 7
貴重品ロッカー 1
宣伝 看板 1
のれん 1
ポスター 4
インテリア 時計 1
照明 4
マガジンラック 1
その他 傘立て 1
雨天用マット 1
サンプルケース 1

備品の数量を計算するときのポイントは、最低限の個数を計算することです。爪楊枝や紙ナプキンなどの消耗品は数量が予想しにくく、開業後の集客状況にも左右されるため、まずは最低限の個数を計算することにより、備品にかかる費用を算出しやすくなります。

備品の数量を計算するときのもうひとつのポイントは、店舗の規模から備品の個数を計算することです。部屋の数や客席の数など、店舗の規模から備品の個数を計算することにより、備品にかかる費用を算出しやすくなります。

なお、まとめ買いが基本となる備品は内容量を備考欄に記入することも方法のひとつです。内容量を備考欄に記入することにより、備品にかかる費用を正確に算出できるため、まとめ買いが基本となる備品は内容量を備考欄に記入することも検討してみましょう。

④備品の優先順位を決める

備品の数量を計算した後は、次の工程として備品の優先順位を決めましょう。計算した備品の優先順位を決めることにより、備品の重要度を把握しつつ、備品を揃えるときの流れをイメージできるため、備品を購入するときの計画が立てやすくなります。

【備品の優先順位を決める】

項目 名称 数量 優先順位 備考
厨房 寸胴鍋 2 1
振りザル 3 1
タイマー 3 1
客席 爪楊枝 6 2 1セット(300本)
紙ナプキン 3 2 1セット(100枚)
ハンガー 4 2 1セット(5本)
レジ回り 電卓 1 5
レジスター 1 5
レシートロール 1 5 1パック(5巻)
お手洗い ゴミ箱 2 6
手洗い洗剤 2 6
トイレットペーパー 2 6 1パック(8巻)
バックヤード パソコン 1 3
ユニフォーム 7 3
貴重品ロッカー 1 3
宣伝 看板 1 4
のれん 1 4
ポスター 4 4
インテリア 時計 1 7
照明 4 7
マガジンラック 1 7
その他 傘立て 1 8
雨天用マット 1 8
サンプルケース 1 8

備品の優先順位を決めるときのポイントは、時系列から優先順位を決めることです。「開業前に揃える備品は優先順位1」「開業後に揃える備品は優先順位2」など、時系列から優先順位を決めることにより、備品を購入するときの計画が立てやすくなります。

備品の優先順位を決めるときのもうひとつのポイントは、項目から優先順位を決めることです。「厨房の備品は優先順位1」「客席の備品は優先順位2」など、項目から優先順位を決めることにより、備品を購入するときの計画が立てやすくなります。

なお、判断が難しい備品は優先順位を下げることも方法のひとつです。判断が難しい備品の優先順位を下げることにより、備品を購入するときの計画が進めやすくなることもあるため、判断が難しい備品は優先順位を下げることも検討してみましょう。

次は備品の購入先を考えてみる

備品を揃えるときの流れを確認した後は、次の工程として備品の購入先を考えてみましょう。ラーメン屋の備品は多岐にわたりますが、備品の購入先として挙げられるのは「実店舗」と「通販サイト」です。

【備品の購入先の例】

  • 実店舗
  • 通販サイト

「実店舗」と「通販サイト」では、それぞれ特徴が異なります。備品を購入するときの向き不向きもあるため、ラーメン屋を開業予定の人は購入先の参考としてそれぞれの項目を確認してみましょう。

実店舗

ラーメン屋を開業する目的として備品を購入する場合、選択肢のひとつとして挙げられるのは「実店舗」です。実店舗の場合はお店の形態によっても特徴が異なるため、まずはその前提を踏まえながら実店舗の特徴を確認してみましょう。

【実店舗の例】

項目 特徴
業務用の商品を取り扱う商店街 あらゆる専門店が集まっている
業務用の商品を取り扱うホームセンター 業務用の商品がまとまっている

業務用の商品を取り扱う商店街の特徴は、あらゆる専門店が集まっている点です。あらゆる専門店が集まっていることにより、鉄鍋や寸胴鍋などの専門的な調理器具が揃えられるため、専門的な調理器具を比較検討しながら購入したい人に向いています。

業務用の商品を取り扱うホームセンターの特徴は、業務用の商品がまとまっている点です。業務用の商品がまとまっていることにより、ラーメン鉢やレンゲなどの什器に加え、割り箸や爪楊枝などの消耗品も揃えられるため、各備品を一括購入したい人に向いています。

なお、実店舗から購入する場合は予算管理に注意が必要です。幅広い商品が陳列していることにより、予算の上限を超えてしまうおそれがあるため、実店舗から購入するときは備品をリストアップしてから実店舗に向かうことを検討してみましょう。

通販サイト

ラーメン屋を開業する目的として備品を購入する場合、選択肢のひとつとして挙げられるのは「通販サイト」です。通販サイトの場合はそのサイトが取り扱う商品によっても特徴が異なるため、まずはその前提を踏まえながら通販サイトの特徴を確認してみましょう。

【通販サイトの例】

項目 特徴
ラーメン屋の専門サイト ラーメンに関する商品を取り揃えている
飲食に関する備品を取り扱うサイト 幅広い商品を取り揃えている

ラーメン屋の専門サイトの特徴は、ラーメンに関する商品を取り揃えている点です。鉄鍋や寸胴鍋などの調理器具に加え、ラーメン鉢やレンゲなどの什器も揃えられるため、自宅に居ながらラーメンに関する備品を一括購入したい人に向いています。

飲食に関する備品を取り扱うサイトの特徴は、幅広い商品を取り揃えている点です。鉄鍋や寸胴鍋などの調理器具に加え、割り箸や爪楊枝などの消耗品も揃えられるため、自宅に居ながら各備品を一括購入したい人に向いています。

なお、通販サイトから購入する場合は商品の素材や寸法に注意が必要です。実物を確認できず、イメージとは異なる備品を購入してしまうおそれもあるため、通販サイトから購入するときはサンプル貸出しサービスに対応している通販サイトを検討してみましょう。

一覧表として活用できる備品のチェックリスト

今回は一覧表として活用できる備品のチェックリストを用意しました。ラーメン屋を開業予定の人は備品のチェックリストとして活用してみてください。

【ラーメン屋の備品のチェックリスト】

項目 名称 数量 優先順位 備考
厨房 鍋(麺用)
鍋(スープ用)
包丁
まな板
包丁差し
包丁研ぎ石
中華鍋
振りザル
フライパン
タイマー
餃子焼き器
温度計
塩分濃度計
バット大
バット中
バット小
スパテラ
キッチンポット大
キッチンポット中
キッチンポット小
ボール大
ボール中
ボール小
お玉
ひしゃく
レードル350cc
レードル270cc
レードル180cc
レードル80cc
レードル10cc
ディッシャー
一斗缶
濾しアミ
スープこし
泡立て器
ミニ泡立て器
計量カップ
計量スプーン
小鍋
寸胴鍋
半寸胴鍋
薬味入れ
餃子返し
野菜水切り器
ミキサー
フードプロセッサー
チャッカマン
ガスバーナー
トング
しゃもじ
はかり
菜箸
ヘラ
ゴムベラ
おろし金
ゆで麺器
ゆで麵鍋用リング
漂白剤
中和剤
食器用洗剤
スケール除去剤
竹製ササラ
出汁とり袋
冷蔵庫
冷凍庫
製氷機
炊飯器
電子レンジ
食器洗浄機
オーブン
ゴミ箱
ラップ
油性ペン
養生テープ
栓抜き
スチール棚
タッパー
持ち帰り容器
客席 紙ナプキン
紙エプロン
ナプキン立て
小皿
レンゲ
とんすい
ラーメン鉢
酢瓶
醬油瓶
ラー油瓶
コショー瓶
調味料入れ
お箸
割り箸
箸箱
ハンガー
荷物入れ
コップ
ピッチャー
ピッチャー受け皿
トレイ
メニュースタンド
伝票
伝票クリップ
おしぼり
カウンタークロス
アルコールスプレー
爪楊枝
爪楊枝入れ
レジ回り 電卓
レジスター
レシートロール
クレジットカードリーダー
状差し
釣り銭トレイ
コインケース
小型金庫
領収書
ボールペン
はさみ
カッター
メモ用紙
セロハンテープ
ショップカードトレイ
輪ゴム
集金袋
ホッチキス
卓上ベル
券売機
お手洗い ゴミ箱
手洗い洗剤
トイレットペーパー
ハンドペーパー
ハンドペーパーケース
トイレ用洗剤
トイレ掃除ブラシ
トイレ掃除チェックシート
消臭剤
消臭スプレー
サニタリーボックス
バックヤード パソコン
ユニフォーム
貴重品ロッカー
書類ケース
電源タップ
延長コード
充電コード
本棚
ラック
ハンガーラック
ノート
文房具入れ
カレンダー
タイムカード
宣伝 看板
のれん
ポスター
ショップカード
サンプルケース
インテリア 時計
照明
傘立て
雨天用マット
マガジンラック
その他 マグネット
ホワイトボード
窓拭き洗剤
ガラスワイパー
ファイル
バインダー
店舗印鑑
店長印鑑
雑巾
掃除機
ポリ袋
ティッシュペーパー

今回紹介した備品はあくまでも一例です。必要な備品は他にも考えられるため、独自の備品のチェックリストを作成する場合は「名称」「数量」「優先順位」「備考」に加え、「サイズ」「単価」「価格」などの項目も入れ込むことを検討してみてください。

まとめ

ラーメン屋の備品は多岐にわたるため、ひとつひとつの工程を計画的に進めなければ、備品の抜け漏れや重複が発生することも考えられます。ラーメン屋の備品に関する情報を調査している人は、まずは備品を揃えるときの流れを確認してみてください。

また、備品を揃えるときの流れを確認した後は、次の工程として備品の購入先を考えてみましょう。ラーメン屋の備品は多岐にわたりますが、備品の購入先として挙げられるのは「実店舗」と「通販サイト」です。

なお、今回紹介した備品はあくまでも一例です。必要な備品は他にも考えられるため、独自の備品のチェックリストを作成する場合は「名称」「数量」「優先順位」「備考」に加え、「サイズ」「単価」「価格」などの項目も入れ込むことを検討してみてください。

関連記事

飲食(飲食店・外食・デリバリー)

居酒屋を開業するときに必要な資格を解説

この記事の監修者

田原 広一(たはら こういち)

株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者

田原 広一(たはら こういち)

平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計6,000件以上(2023年2月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

この記事をシェアする

開業に関するお悩みサポートします!

  • 資金調達と財務計画を立てることが難しい
  • どうやって効果的に顧客を獲得するかが分からない
  • 法的な手続きや規制が必要であり、それらに対するリテラシーがない
  • 開業に必要な特定のスキルや知識が不足していると感じる

開業支援ガイドを運営する株式会社SoLabo(ソラボ)は、
事業用融資の資金調達をはじめ、創業者支援をメインとする会社です。
私たちが確かなサポートと専門知識で、あなたの開業をサポートいたします。

開業に関するご相談はこちら

無料相談

無料相談

無料相談