小さな居酒屋を開業するときのポイントを解説 | 開業支援の相談なら「開業支援ガイド」

飲食(飲食店・外食・デリバリー)

小さな居酒屋を開業するときのポイントを解説

小さな居酒屋を開業するときは、規模を考慮して開業準備を進めることになります。小さな居酒屋は規模の大きい居酒屋と比較すると、売上が少なくなる傾向にあるため、小さな居酒屋ならではの戦略や準備が必要になります。

小さな居酒屋の開業を検討している人は、まずは開業するときのポイントを押さえてみてください。ポイントを押さえることにより、意識することや注意することが明確になるため、まずは小さな居酒屋を開業するときのポイントを押さえてみましょう。

ポイントは経営戦略を立てること

小さな居酒屋を開業するときのポイントは「経営戦略を立てること」です。小さな居酒屋を想定しているということは、その規模に応じた経営戦略を立てることになるため、小さな居酒屋を始めたい人は経営戦略から考えることを検討してみましょう。

【経営戦略を立てるときのポイント】

  • 経費を抑える
  • 常連客を増やす

経営戦略を考えるときのポイントとして挙げられるのは「経費を抑えること」「常連客を増やすこと」です。 いずれも小さな居酒屋を開業するときのポイントになるため、小さな居酒屋を始めたい人はそれぞれの項目を確認してみましょう。

経費を抑える

小さな居酒屋を開業するときのポイントのひとつは「経費を抑えること」です。小さな居酒屋は大手の居酒屋と比較すると売上が少なくなる傾向にあるため、経費を抑えることにより、利益の確保が見込めるからです。

【経費の抑え方の例】

  • 人件費を抑える
  • 仕入れロスを減らす

経費の抑え方として「人件費を抑える」方法が挙げられます。「ピークタイムを考慮したシフト管理を行う」「調理と接客どちらも出来る人を雇う」など、人件費を抑える意識を持つことにより、利益を確保できる可能性があります。

また、経費の抑え方として「仕入れロスを減らす」方法が挙げられます。「小ロット対応してくれる専門業者を探す」「食材ロスの少ないメニューを考案する」など、仕入れロスを減らす意識を持つことにより、利益を確保できる可能性があります。

なお、必要な経費まで削減しないように注意してください。必要な経費まで削減すると、業務の効率やサービスの質が低下するおそれもあるため、経費を抑えるときは必要な経費まで削減しないように留意しておきましょう。

常連客を増やす

小さな居酒屋を開業するときのポイントのひとつは「常連客を増やすこと」です。小さな居酒屋は1日に接客できる人数に限りがあるため、繰り返しお店に来てくれる常連客を増やすことにより、売上の安定化が見込めるからです。

【常連客を増やす例】

  • 接客を工夫する
  • 集客を工夫する

常連客の増やし方として「接客を工夫する」方法が挙げられます。「親しみやすい応対にする」「お客さんの顔を早く覚える」など、常連客を増やす意識を持った接客を行うことにより、常連客が増えて売上が安定する可能性があります。

常連客の増やし方として「集客を工夫する」方法が挙げられます。「ボトルキープに対応する」「再来店時のクーポンを配布する」など、常連客を増やす意識を持った集客に取り組むことにより、常連客が増えて売上が安定する可能性があります。

なお、常連客を掴むためには「顧客ターゲット層」を決めることも検討してみてください。顧客ターゲットを決めることにより、顧客のニーズに応えやすくなるため、常連客を増やすために顧客ターゲット層を決めることも検討してみましょう。

ポイントを押さえた人は開業準備に取り掛かる

ポイントを押さえた人は開業準備に取り掛かることを検討してみてください。ポイントを押さえた開業準備を行うことにより、開業したい店舗の土台が固まるため、小さな居酒屋を始めたい人はそれぞれの項目を押さえておきましょう。

【開業準備の例】

  • コンセプトを設計する
  • 事業計画書を作成する
  • 店舗物件を取得する

小さな居酒屋の開業準備として「コンセプトを設計する」「事業計画書を作成する」「店舗物件を取得する」ことが挙げられます。 それぞれの準備を経ることにより、店舗の土台が作られるため、小さな居酒屋を始めたい人はそれぞれの開業準備の内容を確認してみましょう。

コンセプトを設計する

居酒屋の開業準備のひとつは「コンセプトの設計」です。コンセプトはそのお店が提供する価値や方向性を示し、顧客に対してのメッセージにもなるため、小さな居酒屋を開業したい人は想定している居酒屋の規模からコンセプトを設計してみましょう。

【コンセプトの例】

  • 地酒と地元の食材を提供する居酒屋
  • 家庭料理と店主との会話を楽しめる居酒屋

たとえば、「地酒と地元の食材を提供する居酒屋」をコンセプトにした場合、その居酒屋が示す価値と方向性は「地酒と地元の食材を提供する居酒屋」です。顧客に対してのメッセージにもなるため、開業後は「地酒と地元の食材を提供する居酒屋」を目指すことになります。

また、「地酒と地元の食材を提供する居酒屋」をコンセプトにした場合、そのコンセプトは決めるべき事項の判断軸になります。判断に迷ったときは「地酒と地元の食材を提供する居酒屋」を起点にして考え、決断することにより、その居酒屋の一貫した方向性を保つことができます。

コンセプトはそのお店が提供する価値や方向性を示し、顧客に対してのメッセージにもなります。 選択に迷ったときの判断軸にもなるため、小さな居酒屋を開業したい人は想定している居酒屋の規模からコンセプトを考えてみましょう。

なお、居酒屋のコンセプトに関する情報が知りたい人は「居酒屋の開業におけるコンセプトとは?作るときの流れを解説」を参考にしてみてください。

事業計画書を作成する

居酒屋の開業準備のひとつは「事業計画書の作成」です。事業計画書を作成することにより、その事業を成功に導くための設計図ができるため、小さな居酒屋を開業したい人は想定している居酒屋の規模から事業計画書を作成してみましょう。

【事業計画書に入れ込む項目の例】

項目 具体例 イメージ
営業計画 ・商品戦略
・価格戦略
・販促戦略
・想定する顧客層は?
・メニューの価格設定は?
・サービスの強みは?
仕入計画 ・仕入先
・仕入額
・流通経路
・仕入先の候補は?
・仕入額の金額は?
・仕入れの経路は?
売上計画 ・売上目標
・売上予測
・利益計算
・売上目標の金額は?
・売上予測の金額は?
・算出した利益率は?
資金計画 ・設備資金
・運転資金
・資金調達
・設備資金の金額は?
・運転資金の金額は?
・資金調達の方法は?

たとえば、事業計画書に営業計画を組み込むことにより、商品戦略が立てやすくなる可能性があります。小さな居酒屋の場合は1日に対応できる客数が少なくなる傾向があるため、その点を考慮しながら商品戦略を立てることになります。

また、事業計画書に仕入計画を組み込むことにより、仕入額が算出しやすくなる可能性があります。小さな居酒屋の場合は大手の居酒屋よりも消費する食材が少なくなる傾向があるため、その点を考慮しながら仕入額を算出することになります。

事業計画書はその事業を成功に導くための設計図です。 居酒屋を開業するための全体像と方向性を可視化することもできるため、小さい居酒屋を開業したい人は想定している居酒屋の規模から事業計画書を作成してみましょう。

店舗物件を取得する

居酒屋の開業準備のひとつは「店舗物件の取得」です。店舗物件を取得することにより、コンセプトや事業計画も定まってくるため、小さな居酒屋を開業したい場合は、店舗物件を選ぶときの項目を整理しておきましょう。

【店舗物件を選ぶときの項目例】

項目 具体例
物件の規模 ・坪数はどれくらいか?
・席数はどれくらいか?
物件の費用 ・工事費用はいくらかかるか?
・家賃はいくらかかるか?

店舗物件を選ぶときは「物件の規模」から考える方法があります。「調理場と客席の坪数」「カウンターやテーブルの席数」など、物件の規模を考慮することにより、コンセプトや事業計画に沿った店舗物件を選べる可能性があります。

また、店舗物件を選ぶときは「物件の費用」から考える方法もあります。「物件にかかる初期費用」「毎月発生する固定費」など、物件の費用を考慮することにより、資金計画や事業計画に沿った店舗物件を選べる可能性があります。

なお、希望条件によっては店舗物件が見つかりにくい場合もあります。 立地や家賃などの希望条件によっては、希望する物件が見つからない場合も想定されるため、店舗物件が見つからないときは、コンセプトや事業計画も含めて再考することも検討してみましょう。

まとめ

小さな居酒屋を開業するときのポイントは「経営戦略を立てること」です。小さな居酒屋を想定しているということは、その規模に応じた経営戦略を立てることになるため、小さな居酒屋を始めたい人は経営戦略から考えることを検討してみましょう。

また、ポイントを押さえた人は開業準備に取り掛かることを検討してみてください。ポイントを押さえた開業準備を行うことにより、開業したい店舗のイメージが固まってくるため、小さな居酒屋を始めたい人はそれぞれの項目を押さえておきましょう。

小さな居酒屋の開業準備として「コンセプトを設計する」「事業計画書を作成する」「店舗物件を取得する」ことが挙げられます。それぞれの準備を経ることにより、店舗の土台が作られるため、小さな居酒屋を始めたい人はそれぞれの開業準備の内容を押さえておきましょう。

関連記事

この記事の監修者

田原 広一(たはら こういち)

株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者

田原 広一(たはら こういち)

平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計6,000件以上(2023年2月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

この記事をシェアする

開業に関するお悩みサポートします!

  • どの金融機関から、いくらくらい資金調達すればいいか知りたい
  • 開業時に必要な届出や書類を知りたい
  • 開業に関する手続きをスムーズに行いたい

開業支援ガイドを運営する株式会社SoLabo(ソラボ)は、
事業用融資や補助金の申請支援をはじめとした、起業家支援を行う会社です。
6,000件以上の融資支援、1,300件以上の補助金支援の実績と専門知識で、あなたの開業をサポートいたします。

開業に必要なガイドブック

資料ダウンロード

いくらの資金調達できるか?

融資診断

開業に必要なガイドブック

資料ダウンロード

いくらの資金調達できるか?

融資診断