小さな焼肉屋を開業するときのポイントを解説 | 開業支援の相談なら「開業支援ガイド」

飲食(飲食店・外食・デリバリー)

小さな焼肉屋を開業するときのポイントを解説

焼肉屋の開業を検討している人の中には、小さな焼肉屋を想定している人もいますよね。小さな焼肉屋を想定しているならば、その視点から開業準備を進めることになります。

当記事では、小さな焼肉屋を開業するときのポイントを解説します。小さな焼肉屋を始めたい人は参考にしてみてください。

ポイントは経営戦略を考えること

小さな焼肉屋を開業するときのポイントは「経営戦略を考えること」です。小さな焼肉屋を想定しているということは、それ相応の経営戦略を立てることになるため、小さな焼肉屋を始めたい人は経営戦略から考えることを検討してみましょう。

【経営戦略を考えるときのポイント】

  • 店舗設計
  • 定型業務
  • 営業方法

経営戦略を考えるときのポイントとして挙げられるのは「店舗設計」「定型業務」「営業方法」です。いずれも小さな焼肉屋を開業するときのポイントになるため、小さな焼肉屋を始めたい人はそれぞれの項目を確認してみましょう。

店舗設計

小さな焼肉屋を開業するときのポイントのひとつは「店舗設計」です。小さな焼肉屋を想定しているということは、その規模に見合う店舗設計が必要になるため、小さな焼肉屋を始めたい人は想定している店舗の規模から店舗設計の合理化を考えてみましょう。

【店舗設計の合理化を考えるときのポイント】

  • 設備をリスト化する
  • 設備の位置を決める

店舗設計の合理化を考えるときのポイントは「設備をリスト化すること」です。厨房設備や店内設備など、焼肉屋の場合はあらゆる設備を導入することになるため、店舗の規模を念頭に置きつつ、設備をリスト化することを検討する余地があります。

また、店舗設計の合理化を考えるときのポイントは「設備の位置を決めること」です。厨房設備や店内設備など、焼肉屋の場合はあらゆる設備を導入することになるため、店舗の規模を念頭に置きつつ、設備の位置を決めることを検討する余地があります。

なお、店舗設計の合理化を考えるときは「図面に起こすこと」を検討してみてください。店舗内の動線が可視化され、設備の位置を決めやすくなる可能性があるため、店舗設計の合理化を考えるときは図面に起こすことを検討してみましょう。

定型業務

小さな焼肉屋を開業するときのポイントのひとつは「定型業務」です。小さな焼肉屋を想定しているということは、一人当たりの業務負担が重くなる可能性があるため、小さな焼肉屋を始めたい人は想定している店舗の規模から定型業務の効率化を考えてみましょう。

【定型業務を効率化する方法】

  • オンライン予約システムを導入する
  • 在庫管理システムを導入する

定型業務を効率化する方法として挙げられるのは「オンライン予約システムの導入」です。デジタル化が進む現代では、オンライン予約システムを取り入れる飲食店が増加しているため、焼肉屋においてもオンライン予約システムの導入を検討する余地があります。

また、定型業務を効率化する方法として挙げられるのは「在庫管理システムの導入」です。デジタル化が進む現代では、在庫管理システムを取り入れる飲食店が増加しているため、焼肉屋においても在庫管理システムの導入を検討する余地があります。

なお、定型業務の効率化を考えるときは「自動化できるシステムの導入」を検討してみてください。定型業務が自動化され、一人当たりの業務負担を軽減できる可能性があるため、定型業務の効率化を考えるときは自動化できるシステムの導入を検討してみましょう。

営業方法

小さな焼肉屋を開業するときのポイントのひとつは「営業方法」です。小さな焼肉屋を想定しているということは、営業方法の工夫が必要になることも考えられるため、小さな焼肉屋を始めたい人は想定している店舗の規模から営業方法の選択肢を考えてみましょう。

【営業方法の選択肢】

  • テイクアウト
  • デリバリー

営業方法の選択肢として挙げられるのは「テイクアウト」です。テイクアウトサービスを導入することにより、満席だったとしても料理を提供することができるため、小さな焼肉屋を想定している場合はテイクアウトサービスの導入を検討する余地があります。

また、営業方法の選択肢として挙げられるのは「デリバリー」です。デリバリーサービスを導入することにより、満席だったとしても料理を提供することができるため、小さな焼肉屋を想定している場合はデリバリーサービスの導入を検討する余地があります。

なお、営業方法の選択肢を考えるときは「ホームページの作成」を検討してみてください。店舗の認知度を上げられ、営業方法の選択肢が広がる可能性があるため、営業方法の選択肢を考えるときはホームページの作成を検討してみましょう。

ポイントを押さえた人は開業準備に取り掛かる

ポイントを押さえた人は開業準備に取り掛かることを検討してみてください。焼肉屋の開業準備は多岐にわたるため、店舗の規模にかかわらず、焼肉屋を始めたい人は段階を踏みながら開業準備を進めることを検討してみましょう。

【開業準備における工程】

  1. コンセプトを設計する
  2. 事業計画書を作成する
  3. 集客方法を考案する

段階を踏むことにより、焼肉屋の開業準備を計画的に進めることができます。今回紹介する流れの通りに進むとは限らず、各工程が前後したり並行したりすることもありますが、小さな焼肉屋を始めたい人は参考例としてそれぞれの項目を確認してみましょう。

コンセプトを設計する

焼肉屋の開業における工程のひとつは「コンセプトの設計」です。コンセプトはそのお店が提供する価値や方向性を示し、顧客に対してのメッセージにもなるため、小さな焼肉屋を始めたい人は想定している店舗の規模からコンセプトを設計してみましょう。

【コンセプトの具体例】

  • 一人でも立ち寄りやすい焼肉屋
  • 知る人ぞ知る隠れ家のような焼肉屋
  • 仕事帰りにほっとひと息つける焼肉屋

たとえば、「一人でも立ち寄りやすい焼肉屋」をコンセプトにした場合、そのお店が示す価値と方向性は「一人でも立ち寄りやすい焼肉屋」です。顧客に対してのメッセージにもなるため、開業後は「一人でも立ち寄りやすい焼肉屋」を目指すことになります。

また、「知る人ぞ知る隠れ家のような焼肉屋」をコンセプトにした場合、そのお店が示す価値と方向性は「知る人ぞ知る隠れ家のような焼肉屋」です。顧客に対してのメッセージにもなるため、開業後は「知る人ぞ知る隠れ家のような焼肉屋」を目指すことになります。

想定している店舗の規模からコンセプトを設計することにより、競合となる店舗との差別化につながる可能性があります。店舗の方向性を可視化することもできるため、小さな焼肉屋を始めたい人は想定している店舗の規模からコンセプトを設計してみましょう。

事業計画書を作成する

焼肉屋の開業における工程のひとつは「事業計画書の作成」です。事業計画書を作成することにより、その事業を成功に導くための設計図ができるため、小さな焼肉屋を始めたい人は想定している店舗の規模から事業計画書を作成してみましょう。

【事業計画書に入れ込む項目】

項目 具体例 イメージ
営業計画 ・商品戦略
・価格戦略
・販促戦略
・想定する顧客層は?
・メニューの価格は?
・サービスの強みは?
仕入計画 ・仕入先
・仕入額
・流通経路
・仕入先の候補は?
・仕入額の金額は?
・仕入れの経路は?
売上計画 ・売上目標
・売上予測
・利益計算
・売上目標の金額は?
・売上予測の金額は?
・算出した利益率は?
資金計画 ・設備資金
・運転資金
・資金調達
・設備資金の金額は?
・運転資金の金額は?
・資金調達の方法は?

たとえば、事業計画書に営業計画を組み込むことにより、価格戦略を考えるきっかけになります。小さな焼肉屋を想定しているならば、大型店舗と比較した場合は客席数が少なくなることも考えられるため、その点を考慮しながら価格戦略を考えることになります。

また、事業計画書に仕入計画を組み込むことにより、仕入額を算出するきっかけになります。小さな焼肉屋を想定しているならば、大型店舗と比較した場合は材料費が少なくなることも考えられるため、その点を考慮しながら仕入額を算出することになります。

想定している店舗の規模から事業計画書を作成することにより、その事業を成功に導くための設計図ができます。店舗の方向性を可視化することもできるため、小さな焼肉屋を始めたい人は想定している店舗の規模から事業計画書を作成してみましょう。

集客方法を考案する

焼肉屋の開業における工程のひとつは「集客方法の考案」です。集客方法を考案することにより、開業後の集客に寄与する可能性があるため、小さな焼肉屋を始めたい人は想定している店舗の規模から集客方法を考案してみましょう。

【集客方法の具体例】

項目 具体例
オフライン ・看板
・フライヤー
・ショップカード
オンライン ・SNS
・Web広告
・ホームページ

オフラインの集客方法として挙げられるのは「フライヤー」です。「定番化するメニュー」や「最寄り駅からの地図」など、焼肉屋の情報を載せたフライヤーを配布することにより、店舗の認知度を上げられ、開業後の集客に寄与する可能性があります。

オンラインの集客方法として挙げられるのは「SNS」です。「季節限定のメニュー」や「目印となる看板」など、焼肉屋を紹介する画像や動画をSNS上に投稿することにより、店舗の認知度を上げられ、開業後の集客に寄与する可能性があります。

想定している店舗の規模から集客方法を考案することにより、開業後の集客に寄与する可能性があります。店舗の方向性を可視化することもできるため、小さな焼肉屋を始めたい人は想定している店舗の規模から集客方法を考案してみましょう。

まとめ

小さな焼肉屋を開業するときのポイントは「経営戦略を考えること」です。小さな焼肉屋を想定しているということは、それ相応の経営戦略を立てることになるため、小さな焼肉屋を始めたい人は経営戦略から考えることを検討してみましょう。

また、ポイントを押さえた人は開業準備に取り掛かることを検討してみてください。焼肉屋の開業準備は多岐にわたるため、店舗の規模にかかわらず、焼肉屋を始めたい人は段階を踏みながら開業準備を進めることを考えてみましょう。

なお、焼肉屋の開業準備は多岐にわたるため、開業準備が進むにつれ、疑問や不安が生まれることも考えられます。一人での解決が難しいことも考えられるため、開業準備に関する疑問や不安が生まれたときは専門家に相談することも検討してみましょう。

関連記事

飲食(飲食店・外食・デリバリー)

キッチンカーの開業に必要な設備の揃え方を解説

この記事の監修者

田原 広一(たはら こういち)

株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者

田原 広一(たはら こういち)

平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計6,000件以上(2023年2月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

この記事をシェアする

開業に関するお悩みサポートします!

  • 資金調達と財務計画を立てることが難しい
  • どうやって効果的に顧客を獲得するかが分からない
  • 法的な手続きや規制が必要であり、それらに対するリテラシーがない
  • 開業に必要な特定のスキルや知識が不足していると感じる

開業支援ガイドを運営する株式会社SoLabo(ソラボ)は、
事業用融資の資金調達をはじめ、創業者支援をメインとする会社です。
私たちが確かなサポートと専門知識で、あなたの開業をサポートいたします。

まずは資料ダウンロード!

資料ダウンロード

開業に関するご相談はこちら

無料相談

資料ダウンロード

資料ダウンロード

無料相談

無料相談