小さなパン屋を開業するときのポイントを解説 | 開業支援の相談なら「開業支援ガイド」

飲食(飲食店・外食・デリバリー)

小さなパン屋を開業するときのポイントを解説

パン屋を開業したい人の中には、小さなパン屋を想定している人もいますよね。また、小さなパン屋を開業するときのポイントが知りたい人もいるでしょう。 当記事では、小さなパン屋を開業するときのポイントを解説します。小さなパン屋を開きたい人は参考にしてみてください。

ポイントは小さなパン屋にしたい理由を明確にすること

小さなパン屋を開業するときのポイントは小さなパン屋にしたい理由を明確にすることです。小さなパン屋にしたい理由を明確にすれば、想定しているパン屋のイメージを具体化できるため、まずは小さなパン屋にしたい理由を明確にするところから始めてみましょう。

【小さなパン屋にする理由の例】

  • 一人での開業を考えているから
  • 自宅での開業を考えているから
  • 費用をできる限り抑えたいから

小さなパン屋にしたい理由は人それぞれあるはずです。「一人での開業を考えているから」「自宅での開業を考えているから」「費用をできる限り抑えたいから」など、その理由が開業するときのポイントになるため、まずはそれぞれの項目を確認してみましょう。

一人での開業を考えているから

「一人での開業を考えているから」というのは、小さなパン屋にしたい理由として挙げられます。一人での開業を考えている場合は対応できる業務範囲を見極めることがポイントになるため、一人での開業を考えている人は対応できる業務範囲を考えてみましょう。

【業務範囲の考え方の例】

業務内容 業務範囲の考え方の例
製造業務 ・一人で製造する場合はどれくらいの個数ができるのか?
・一人で製造する場合はどれくらいの時間がかかるのか?
販売業務 ・一人で接客する場合はどれくらいの人数を対応できるのか?
・一人で接客する場合はどれくらいの時間を対応できるのか?

製造業務の視点から考えるときのポイントとして挙げられるのは「個数」と「時間」です。複数人の従業員がいるパン屋と比較した場合、パンの製造個数や製造時間に差があるため、一人での開業を考えている人は製造規模を考慮した店舗を検討する余地があります。

また、販売業務の視点から考えるときのポイントとして挙げられるのは「人数」と「時間」です。複数人の従業員がいるパン屋と比較した場合、接客の対応人数や対応時間に差があるため、一人での開業を考えている人は販売負担を考慮した店舗を検討する余地があります。

なお、一人での開業を考えている人は労働時間も考慮してみてください。早朝からパンの製造業務が始まることにより、長時間労働につながるおそれもあるため、一人での開業を考えている人は労働時間を考慮することも検討してみましょう。

一人での開業を考えている人は「一人でパン屋を開業するときのポイントを解説」も参考にしてみてください。

一人での開業を考えている人は販売方法を工夫してみる

一人での開業を考えている人は販売方法を工夫することを検討してみてください。販売方法を工夫することにより、販売業務にかかる負担を減らせる可能性があるため、一人での開業を考えている人は販売方法を工夫することを検討してみましょう。

【販売方法の工夫の例】

  • 完全予約制にする
  • ネット通販にする
  • 営業日時を限定する

販売方法の工夫として挙げられるのは「完全予約制にする方法」です。製造する個数と受け渡しの時間が決まっていれば、受け渡しの時間以外はパンの製造に集中できるため、販売業務の負担を減らせる可能性があります。

また、販売方法の工夫として挙げられるのは「営業日時を限定する方法」です。「週3日の営業」「15時までの営業」など、営業日時を限定することにより、その分の空いた時間はパンの製造に集中できるため、販売業務の負担を減らせる可能性があります。

なお、販売方法を考えるときは集客のことも考慮してみてください。販売方法は開業後の集客に影響を与えるため、販売方法を考えるときは「予約フォームの作成」や「営業日時の告知」など、集客面を考慮することも留意しておきましょう。

自宅での開業を考えているから

「自宅での開業を考えているから」というのは、小さなパン屋にしたい理由として挙げられます。自宅での開業を考えている場合は開業に関する要件を満たすことがポイントになるため、自宅での開業を考えている人は開業に関する要件を確認してみましょう。

【開業に関する要件の例】

項目 概要
地域に関する要件 用途地域による制限事項を満たしている
設備に関する要件 施設基準を満たした設備を用意する

自宅をパン屋にするときのポイントとして挙げられるのは「地域に関する要件」です。都市計画法により、地域ごとに建築物の用途が制限(=用途地域)されているため、自宅をパン屋にするときは地域に関する要件を満たせるかどうかを確認することになります。

また、自宅をパン屋にするときのポイントとして挙げられるのは「設備に関する要件」です。各自治体が定める「施設基準」により、設備に関する要件が定められているため、自宅をパン屋にするときは設備に関する要件を満たせるかどうかを確認することになります。

なお、用途地域や施設基準の制限事項は自治体ごとに解釈が異なる場合があります。自治体ごとの条例も遵守する必要があるため、自宅での開業を考えている人は開業予定地を管轄する自治体に詳細を確認することも検討してみましょう。

自宅での開業を考えている人は「自宅でパン屋を開業するときのポイントを解説」を参考にしてみてください。

自宅での開業を考えている人は集客方法を工夫してみる

自宅での開業を考えている人は集客方法を工夫することを検討してみてください。集客方法を工夫することにより、店舗の認知度を向上できる可能性があるため、自宅での開業を考えている人は集客方法を工夫することを検討してみましょう。

【集客方法の工夫の例】

  • 目立つ看板を設置する
  • 焼き上がり時間を告知する

集客方法の工夫として挙げられるのは「目立つ看板を設置する方法」です。店舗となる自宅の前に目立つ看板を設置することにより、認知度の向上が期待できるため、自宅での開業を考えている人は目立つ看板を設置することも方法のひとつです。

また、集客方法の工夫として挙げられるのは「焼き上がり時間を告知する方法」です。SNS上から焼き上がり時間を告知することにより、認知度の向上が期待できるため、自宅での開業を考えている人は焼き上がり時間を告知することも方法のひとつです。

なお、自宅での開業を考えている人は周辺状況も考えてみてください。「年齢層が若い地域に自宅がある」「ファミリー層が多い地域に自宅がある」など、周辺状況から集客方法を工夫することもできるため、自宅での開業を考えている人は周辺状況も考慮してみましょう。

費用をできる限り抑えたいから

「費用をできる限り抑えたいから」というのは、小さなパン屋にしたい理由として挙げられます。費用をできる限り抑えたい場合は物件の希望条件を整理することがポイントになるため、費用をできる限り抑えたい人は物件の希望条件を整理してみましょう。

【物件の希望条件の例】

項目 希望条件の例
坪数 15坪以上(厨房10坪/販売5坪)
立地 住宅地域
賃料 20万円以下
最寄り駅 駅徒歩20分以内

物件の希望条件を整理するときのポイントとして挙げられるのは「坪数」です。坪数が小さければ小さいほど、賃料は低くなる傾向がありますが、パンの製造設備を設置する関係上、製造設備を設置できる坪数をイメージしつつ、物件を決めることになります。

また、物件の希望条件を整理するときのポイントとして挙げられるのは「最寄り駅」です。最寄り駅が遠ければ遠いほど、賃料は低くなる傾向がありますが、顧客が近隣住民に限られる関係上、近隣住民に向けた集客方法をイメージしつつ、物件を決めることになります。

なお、物件を探すときは現地に足を運ぶことも検討してみてください。現地に足を運ぶことにより、住民の雰囲気や競合店の有無などの周辺環境を確認できるため、物件を探すときは現地に足を運ぶことも検討してみましょう。

パン屋の開業資金に関する情報が知りたい人は「パン屋の開業資金はいくら?目安を算出するための流れを解説」を参考にしてみてください。

費用をできる限り抑えたい人はDIYを取り入れてみる

費用をできる限り抑えたい人はDIYを取り入れることを検討してみてください。DIYを取り入れることにより、内外装工事にかかる費用を抑えられる可能性があるため、費用をできる限り抑えたい人はDIYを取り入れることを検討してみましょう。

【DIYできる部分の例】

  • 外壁塗装
  • 壁や床の張替え
  • 照明器具や棚の設置

DIYできる部分として挙げられるのは「外壁塗装」です。自ら外壁塗装することにより、費用を抑えつつ、お店の雰囲気を変えることができるため、費用をできる限り抑えたい人は外壁塗装のDIYに挑戦することも方法のひとつです。

また、DIYできる部分として挙げられるのは「壁や床の張替え」です。自ら壁や床を張り替えることにより、費用を抑えつつ、お店の雰囲気を変えることができるため、費用をできる限り抑えたい人は壁や床のDIYに挑戦することも方法のひとつです。

なお、DIYを取り入れる場合は水道まわりや電気まわりに注意が必要です。水道工事や電気工事を行えるのは原則として有資格者に限られるため、水道工事や電気工事は専門業者に依頼することを念頭に置きつつ、できる範囲でのDYIを検討してみましょう。

ポイントを押さえた人はコンセプトを考えてみる

小さなパン屋を開業するときのポイントを押さえた人は、次は店舗のコンセプトを考えてみてください。コンセプトを設計することにより、そのお店が提供する価値や方向性の判断軸を決めることができるため、コンセプトの設計はパン屋の開業における第一歩です。

【小さなパン屋のコンセプト例】

  • 地元の素材を生かしたパン屋
  • 親子3世代が楽しめるパン屋
  • 毎日食べても飽きないパン屋

たとえば、「地元の素材を生かしたパン屋」をコンセプトにした場合、特産品を生かしたメニューを考えるきっかけになります。地元の小麦や牛乳など、特産品を生かしたメニューを開発できれば、競合の店舗との差別化につながる可能性があります。

また、「親子3世代で楽しめるパン屋」をコンセプトにした場合、各世代が楽しめるメニューを考えるきっかけになります。若い人に向けたパンや主婦に向けたパンなど、各世代が楽しめるメニューを開発できれば、競合の店舗との差別化につながる可能性があります。

なお、コンセプトを設計するときは開業の動機を振り返ることも方法のひとつです。開業の動機を振り返ることにより、コンセプトに取り入れたい要素が見つかる可能性があるため、コンセプトを設計するときは開業の動機を振り返ることを検討してみましょう。

コンセプトが決まった人は開業計画を立ててみる

コンセプトが決まった人は開業計画を立てることを検討してみてください。開業計画を立てることにより、パン屋の開業に向けた計画を可視化できるため、コンセプトが決まった人は開業計画を立てることを検討してみましょう。

【開業計画に記載する項目の例】

項目 記載例
店舗情報 ・店舗名
・営業時間
・仕入先
・販売ターゲット
・商品単価
・看板商品
・セールスポイント
資金計画 ・設備資金
・運転資金
・自己資金
・借入予定額
・毎月の売上予想
・毎月の仕入予想
・毎月の経費予想

開業計画に記載する項目として挙げられるのは「店舗情報」です。「営業時間」「仕入先」「商品単価」「看板商品」など、店舗情報を開業計画に落とし込むことにより、パン屋の開業に向けた計画を可視化することができます。

また、開業計画に記載する項目として挙げられるのは「資金計画」です。「設備資金」「運転資金」「自己資金」「借入予定額」など、資金計画を開業計画に落とし込むことにより、パン屋の開業に向けた計画を可視化することができます。

なお、開業計画の作成に不安がある人は専門家に相談することを検討してみてください。「商工会議所」や「よろず支援拠点」など、無料の相談窓口を設けている機関もあるため、開業計画の作成に不安がある人は専門家に相談することを検討してみましょう。

まとめ

小さなパン屋を開業するときのポイントは小さなパン屋にしたい理由を明確にすることです。小さなパン屋にしたい理由を明確にすれば、想定しているパン屋のイメージを具体化できるため、まずは小さなパン屋にしたい理由を明確にするところから始めてみましょう。

また、小さなパン屋を開業するときのポイントを押さえた人は、次は店舗のコンセプトを考えてみてください。コンセプトを設計することにより、そのお店が提供する価値や方向性の判断軸を決めることができるため、コンセプトの設計はパン屋の開業における第一歩です。

なお、コンセプトが決まった人は開業計画を立てることを検討してみてください。開業計画を立てることにより、パン屋の開業に向けた計画を可視化できるため、コンセプトが決まった人は開業計画を立てることを検討してみましょう。

関連記事

飲食(飲食店・外食・デリバリー)

移動販売業を開始するために必要なものとは?

この記事の監修者

田原 広一(たはら こういち)

株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者

田原 広一(たはら こういち)

平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計6,000件以上(2023年2月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

この記事をシェアする

開業に関するお悩みサポートします!

  • 資金調達と財務計画を立てることが難しい
  • どうやって効果的に顧客を獲得するかが分からない
  • 法的な手続きや規制が必要であり、それらに対するリテラシーがない
  • 開業に必要な特定のスキルや知識が不足していると感じる

開業支援ガイドを運営する株式会社SoLabo(ソラボ)は、
事業用融資の資金調達をはじめ、創業者支援をメインとする会社です。
私たちが確かなサポートと専門知識で、あなたの開業をサポートいたします。

開業に関するご相談はこちら

無料相談

無料相談

無料相談