美容室の開業前に利用できる助成金を解説 | 開業支援の相談なら「開業支援ガイド」

美容(美容院・ネイル・エステ・フィットネス)

美容室の開業前に利用できる助成金を解説

美容室を開業予定の人の中には、助成金を利用したい人もいますよね。開業前に利用できる助成金があるならば、助成金を検討したい人もいるでしょう。 当記事では、美容室の開業前に利用できる助成金を解説します。補助金に関する情報も紹介するため、美容室を開業予定の人は参考にしてみてください。

開業前に利用できるのは各自治体の助成金

美容室の開業前に利用できる助成金は「各自治体の助成金」です。少子高齢化の問題や地域経済の縮小など、各自治体は地域課題に応じた助成金制度を設けている場合があるため、必要経費の一部を対象にした助成金を受給できる可能性があります。

【美容室の開業前に利用できる助成金の例】

項目 概要 助成限度額
創業助成金
(東京都)
東京都内での創業予定者または創業後5年未満の中小企業者のうち、一定の要件を満たす人を対象に「器具備品購入費」「賃借料」「広告費」など、創業に関する経費の一部を助成。 上限額300万円
下限額100万円
ちば創業応援助成金
(千葉県)
千葉県内での創業予定者または創業後5年未満の人のうち、一定の要件を満たす人を対象に「消耗品費」「事務費」「外注加工費」など、創業に関する経費の一部を助成。 上限額50万円
やまがたチャレンジ創業応援助成金
(山形県)
「年度内の創業が確実であること」「事業拠点が山形県内」など、一定の要件を満たす人を対象に「店舗等借入費」「備品費」「設備費」など、創業に関する経費の一部を助成。 上限額140万円

たとえば、東京都の場合は「創業助成金」があります。所定の要件を満たしている人に限られ、書類審査と面接審査を通過する必要はありますが、「器具備品購入費」「賃借料」「広告費」など、必要経費の一部を助成してもらえる可能性があります。

また、千葉県の場合は「ちば創業応援助成金」があります。所定の要件を満たしている人に限られ、書類審査とプレゼンテーションを通過する必要はありますが、「消耗品費」「事務費」「外注加工費」など、必要経費の一部を助成してもらえる可能性があります。

ただし、今回紹介した助成金制度はあくまでも一例です。助成金の要件が変更している場合や募集が終了している場合もあるため、美容室の開業前に利用できる助成金を探している人は開業予定地を管轄している各自治体の公式サイトを確認してみましょう。

開業前に利用できる助成金は限られる

美容室の開業前に利用できる助成金は限られます。とくに、全国対応の助成金制度は雇用対策や労働環境改善など、既存事業者を対象としている傾向があるため、美容室の開業前に利用できる助成金を探している人はその前提を踏まえておきましょう。

【既存事業者を対象としている助成金の例】

項目 概要
両立支援等助成金 職業生活と家庭生活の両立支援のため、子育てや介護を行う労働者を雇い、就労環境を整えた事業者に助成。
トライアル雇用助成金 ハローワークや職業紹介事業者の紹介により、安定的な就職が困難な求職者を一定期間試行雇用した事業者に助成。
キャリアアップ助成金 非正規雇用労働者のキャリアアップを促進するため、正社員化や処遇改善の取り組みを実施した事業者に助成。

たとえば、全国対応の助成金制度の中には、「両立支援等助成金」があります。両立支援等助成金は仕事と家庭が両立できる職場環境づくりを支援するための助成金ですが、既存事業者を対象にしているため、美容室の開業前の人は申請することができません。

また、全国対応の助成金制度の中には、「キャリアアップ助成金」があります。キャリアアップ助成金は非正規雇用労働者のキャリアアップを促進するための助成金ですが、既存事業者を対象にしているため、美容室の開業前の人は申請することができません。

なお、雇用機会が不足している地域には、「地域雇用開発助成金」があります。開業前の人を対象にした全国対応の助成金は原則としてありませんが(2023年10月4日時点)、地域限定の助成金はあるため、気になる人は「厚生労働省の公式サイト」を確認してみましょう。

助成金を利用したい人は補助金も検討する

美容室の開業前に助成金を利用したい人は補助金を利用することも検討してみてください。助成金と同様、各自治体は地域課題に応じた補助金制度を設けている場合があるため、美容室の開業前に助成金を利用したい人は補助金を利用することも考えてみましょう。

【美容室の開業前に利用できる補助金の例】

項目 概要 補助限度額
大阪起業家グローイングアップ補助金
(大阪府)
「大阪府内での起業予定者」かつ「ビジネスプランコンテストの優秀提案者」を対象に「開業費」「事務所賃借料」「広告宣伝費」など、創業に関する経費の一部を補助。 上限額100万円
ワクワクチャレンジ創業支援事業
(富山県)
富山県内での期限内の創業予定者または創業後3年以内の人のうち、一定の要件を満たす人を対象に「機械設備費」「店舗改装費」「外注加工費」など、創業に関する経費の一部を補助。 上限額100万円
スタートアップ企業支援補助金
(名古屋市)
名古屋市内での創業予定者または創業後5年以内の人のうち、一定の要件を満たす人を対象に「人件費」「店舗等借入費」「設備費」など、創業に関する経費の一部を補助。 上限額100万円
創業支援事務所等賃料補助金
(東京都江東区)
「初めて補助金の交付を受ける年度に創業」「事務所などを江東区内に設置」などの一定の要件を満たした人を対象に事務所の月額賃料を補助。 上限月額5万円(製造業以外)

たとえば、大阪府の場合は「大阪起業家グローイングアップ補助金」があります。所定の要件を満たしている人に限られ、ビジネスプランコンテストの優秀提案者が対象ですが、「開業費」「事務所賃借料」「広告宣伝費」など、必要経費の一部を補助してもらえる可能性があります。

また、名古屋市の場合は「スタートアップ企業支援補助金」があります。所定の要件を満たしている人に限られ、書類審査を通過する必要はありますが、「人件費」「店舗等借入費」「設備費」など、必要経費の一部を補助してもらえる可能性があります。

ただし、助成金と同様、開業前の人を対象にした全国対応の補助金は原則としてありません(2023年10月4日時点)。美容室の開業前に利用できる補助金を探してみたい人は、開業予定地を管轄している各自治体の公式サイトを確認してみましょう。

まとめ

美容室の開業前に利用できる助成金は「各自治体の助成金」です。少子高齢化の問題や地域経済の縮小など、各自治体は地域課題に応じた助成金制度を設けている場合があるため、必要経費の一部を対象にした助成金を受給できる可能性があります。

しかし、美容室の開業前に利用できる助成金は限られます。とくに、全国対応の助成金制度は雇用対策や労働環境改善など、既存事業者を対象としている傾向があるため、美容室の開業前に利用できる助成金を探している人はその前提を踏まえておきましょう。

なお、美容室の開業前に助成金を利用したい人は補助金を利用することも検討してみてください。助成金と同様、各自治体は地域課題に応じた補助金制度を設けている場合があるため、美容室の開業前に助成金を利用したい人は補助金を利用することも考えてみましょう。

関連記事

美容(美容院・ネイル・エステ・フィットネス)

ネイルサロンの開業に必要な届出を解説

この記事の監修者

田原 広一(たはら こういち)

株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者

田原 広一(たはら こういち)

平成22年8月、資格の学校TACに入社し、以降5年間、税理士講座財務諸表論講師を務める。
平成24年8月以降 副業で税理士事務所勤務や広告代理事業、保険代理事業、融資支援事業を経験。
平成27年12月、株式会社SoLabo(ソラボ)を設立し、代表取締役に就任。
お客様の融資支援実績は、累計6,000件以上(2023年2月末現在)。
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

【書籍】
2021年10月発売 『独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方38の秘訣』(幻冬舎)

この記事をシェアする

開業に関するお悩みサポートします!

  • 資金調達と財務計画を立てることが難しい
  • どうやって効果的に顧客を獲得するかが分からない
  • 法的な手続きや規制が必要であり、それらに対するリテラシーがない
  • 開業に必要な特定のスキルや知識が不足していると感じる

開業支援ガイドを運営する株式会社SoLabo(ソラボ)は、
事業用融資の資金調達をはじめ、創業者支援をメインとする会社です。
私たちが確かなサポートと専門知識で、あなたの開業をサポートいたします。

開業に関するご相談はこちら

無料相談

無料相談

無料相談