2020.09.07

【内装事例】2020年8月OPEN 横浜市港南区上永谷駅「カレーダイナー38」

2020年8月、横浜市営地下鉄ブルーライン上永谷駅前のラポルトビル内に「カレーダイナー38」がオープンしました。

「カレーダイナー38」はカレーはもちろん、内装にもこだわりが詰まっています。

今回は弊社SoLaboの内装業者紹介サービスを利用して、どのように空間をデザインされたのかご紹介します。

1.カレーダイナー38の内装を公開!

(1)カフェのようにオシャレな入口

カレーダイナー38の内装

青で塗られた扉と白い壁のコラボはカレー店というより海辺のカフェのようですが、れっきとしたカレー店です。

(2)調理の様子が見られるカウンター

カレーダイナー38の内装

いわゆるオープンキッチンスタイルをとっている「カレーダイナー38」では、カウンター越しに店主の調理工程を楽しむことが出来ます。

鮮やかな料理工程を見ることで食事への期待感も高まります。

(3)広々としてくつろげる空間デザイン

カレーダイナー38の内装

カウンター席だけでなくテーブル席もあります。

暖色の灯りと木製のテーブルはゆったりとくつろぐのに最適です。

新型コロナウイルスの感染対策に合わせてすべてのテーブルにプラスチックの仕切りがついているので、食事中に会話をしても飛沫による感染も心配することはありません。

(4)高級ホテルのように洒落っ気のあるトイレ

カレーダイナー38の内装

飲食店のトイレはお店全体のイメージを左右する重要な要素です。

特に食べ物を扱うお店では清潔感が大切。

店内の内装や料理がどれだけ素晴らしくても、トイレが清潔感に欠けていては台無しですよね。

「カレーダイナー38」のトイレは、暖かな照明に照らされ清潔感があります。

2.カレーダイナー38の基本情報

住所 神奈川県横浜市港南区丸山台1-13-1 ラポルトビル

アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン上永谷駅より徒歩2分
営業時間 ランチ11:00~14:30

ディナー18:00~22:00

定休日 日曜日

まとめ

2020年8月にグランドオープンした「カレーダイナー38」。

青と白を貴重としたカフェ風の内装と照明を絞った店内がオシャレな雰囲気を演出しています。

弊社SoLaboでは、お客様のご要望にあわせた内装業者のご紹介が可能です。「どのような内装業者を選んだら良いのかわからない」「内装業者を数社紹介してほしい」方は、ぜひお問い合わせください。